花粉症の時期にまつエクしても大丈夫?マスカラとどっちがいい?

2016年1月26日 | By プレシャスナビ | Filed in: 美容, 花粉症.

a9cf63c8a87d3774e077004d5531dd8d_s
花粉症の時期、目のかゆみや瞼の腫れなど、つらい症状があってもまつげに手は抜けない!という女子も多いはず。

花粉症の時期にまつエクしても大丈夫?

まつエクとマスカラ、どっちがいい?

今回は花粉症の時期のまつげエクステについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

花粉症の時期にまつエクしても大丈夫?

花粉症がひどい時期にまつエクってしても大丈夫なのでしょうか。

まつエクをしていると、花粉がまつげにつく量が増えてしまいます。

まつげの量が増えたり長さが伸びたりする分、花粉もたくさん吸着してしまうのですね。

また、花粉症などのアレルギー症状があると、目がかゆくなってごしごしこすってしまったり、瞼や眼球が敏感になったりします。

そんな時にまつエクをしていると、目がかゆくても思いっきりかけなかったり、目をこすることでまつエクが変な方向に向いたり、自まつげごと抜けてしまったりします。

気をつけていても、寝ている間に無意識に目をこすってしまうかもしれません。

その結果、せっかくつけたまつエクがすぐに取れてしまうなんてことも…

花粉症の時期は粘膜も敏感になっているため、まつエクのグルーの成分でかぶれやすくなって、目にしみたり赤く腫れたりなど炎症を起こしてしまうこともあります。

それでも無理をしてまつエクをし続けると、目の周りの皮膚にも負担がかかり、シミやシワの原因になってしまうこともあるのだとか。

これらの理由から、花粉症の時期にまつエクをするのはやめておいたほうがいいと言えるでしょう。

花粉症の時期はまつエクとマスカラどっちがいい?

187458
花粉症の時期にまつエクはやめておいたほうがいいのなら、マスカラはどうなのでしょう。

スポンサードリンク

まつエクもマスカラも、花粉を吸着してしまうという点では同じです。

マスカラの場合は、目をこすったり涙が出たりすることでマスカラが落ちて目に入ったり、パンダになったりという心配もあります。

花粉のついたマスカラが目に入るって、考えただけでこわいですよね。

でも、まつエクと違ってマスカラはクレンジングしてしまえば目をこすることも、目や顔を思いきり洗うこともできます。

花粉症の季節にマスカラも刺激になるのは否めませんが、落とせば負担を減らせるというのはマスカラのメリットです。

まつエクとマスカラ、どちらがいいかは一概には言えませんが、若干負担が少ないのはマスカラなのではないでしょうか。

花粉症の時期にどうしてもまつエクをするなら?

花粉症の時期のまつエクはお休みして、まつげを育てる期間にするのがベストです。

そうは言ってもやっぱり絶対まつエクしたい!という場合はどうしたらいいでしょうか。

花粉症の時期はまつエクにつく花粉を減らし、目や瞼の粘膜への刺激を少なくすることが大切です。

いつもより細い、短いエクステにしたり、全体につけずポイントだけにするなど、サロンで相談してみましょう。

花粉対策として、帰宅したらドライヤーでまつエクについた花粉を飛ばすのもおすすめです。

冷風の弱でそっと風を当ててくださいね。

花粉症の時期のまつエクはデメリットが多いのですが、まつげパーマなら目への負担はぐっと減らせます。

まつエクほどの効果はないものの、花粉症の時期もカールしたまつげを保つことはできます。

まつエクをしたいけどちょっと心配という場合は、花粉症がひどくなる前にまつげパーマをかけてみてもいいのではないでしょうか。

プレミアムアイラッシュエッセンス

終わりに

花粉症の時期にまつエクをどうするかについて、マスカラやまつげパーマも併せてご紹介してきました。

目のトラブルにつながることもあるため、十分注意しながら無理のない範囲でまつエクを楽しみたいですね。

スポンサードリンク


Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です