母の日に現金はOK?いくらが相場?渡し方のおすすめは?

2017年3月6日 | By プレシャスナビ | Filed in: 母の日.


母の日のプレゼントって大人になればなるほど、何をあげたらいいのか悩みますよね。

花も服やバッグも今さらだし、欲しい物があるのかわからないし…

母の日のプレゼントに現金を渡したいけど、やっぱり記念になるものをあげるべきでしょうか。

現金だとしたらいくらぐらい渡す?

おすすめの渡し方は?

今回は母の日のプレゼントに現金を渡すことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

母の日に現金はOK?

母の日に現金をプレゼントしている人は意外とたくさんいます。

現金だって気持ちがこもっていれば、母の日のプレゼントとしてOKです。

本来であれば目上に現金を渡すのは失礼とされています。

親とはいえ現金を渡すタイミングはなかなかむずかしいものですが、母の日を口実に親にお小遣いを渡せて、喜んでもらえたらそれでいいのではないでしょうか。

母の日に現金を渡す理由にもいろいろあります。

今まで贈ったものが趣味に合わないようだった、何でも持っていて何がほしいかわからないなどですね。

でも現金を渡す一番の理由は、お母さんに自由に好きなことに使って喜んでほしいからということです。

堅実な家庭のお母さんや自分のために使う余裕があまりないお母さんに、楽しんでほしいという気持ちで現金を贈るのですから、きっと喜んでもらえると思います。

また現金をプレゼントするということは、子供がそれだけ成長して立派にやっているということでもあります。

スポンサーリンク

親孝行というのはおこがましいかもしれませんが、安心してもらうことはできるのではないでしょうか。

ただし現金に抵抗のある人、プレゼントは品物であるべきという考えの人も少なからずいることも事実です。

自分の母はもちろんですが、特に義母へ母の日に現金をプレゼントする場合は、どんなタイプのお母さんなのか注意して判断しましょう。

母の日に現金を渡すならいくらにする?

母の日に現金を渡す場合、金額の相場は一万円が一般的です。

一万円にカーネーションやちょっとした小物などのプレゼントを添えてもいいですね。

余裕があれば高額を渡すこともあるでしょうが、もらう側としても一万円くらいが気兼ねなくうれしい金額かもしれません。

もちろんいくら渡すかは自由ですので、無理のない範囲で大丈夫です。

母の日の現金の渡し方はどうする?

母の日のプレゼントとしての現金の渡し方のおすすめは、やはり手紙でも言葉でも素直な気持ちを添えて贈ることです。

改めて手紙を書いたり、言葉にして伝えるのが恥ずかしい場合は、お金を入れる封筒にちょっと一言書き添えてもいいですね。

感謝の気持ち以外にも、好きなことに使ってねとかお父さんと二人で出かけたらとか、どんなことに使ってもいいよという気持ちを伝えることも大事です。

母の日のプレゼントですから、お祝い金ではありません。

祝儀袋に入れて堅苦しくするよりは、お母さんの好きそうなきれいな封筒に入れて贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

まとめ

母の日のプレゼントにカーネーションとは定番ですが、お母さんのタイプや年齢によって何をあげるか本当にむずかしいものです。

物をプレゼントするか、現金を贈るか、いつもありがとうと電話をするか。

どんな方法でも母の日に感謝の気持ちを伝えるという目的は同じです。

自分なりに一番いいと思うやり方で素直に気持ちを伝えられるといいですね。

スポンサーリンク


Tags: ,

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です