父の日のメッセージを義父に送るなら?文例をご紹介

2016年4月2日 | By プレシャスナビ | Filed in: 父の日.

efc3b864d2176398b738546d2d4e6d57_s
父の日にはプレゼントと一緒にメッセージを添えて送りたいものですね。

でも相手が義父だったら…どんなメッセージを書いたらいいのか悩んでしまいませんか。

今回は、義父に向けた父の日のメッセージを書く時のコツや文例をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

父の日のメッセージを義父に送るなら

父の日のメッセージを義父に送る場合、自分の今の気持ちを素直に書くことが大事です。

結婚したばかりだったり、実の父より距離があったりする義父に向けて、かっこよくむずかしいことを書こうとすれば、他人行儀にとられたり気持ちの伝わりにくい形式的なメッセージになってしまう可能性があるからです。

長い手紙を書かなくても大丈夫。

短いメッセージでいいので、飾らないことばでメッセージを送ったほうが相手も受け入れやすいものです。

父の日は夫婦で仲良くやっていることを伝え、義父に安心してもらういいチャンスでもあります。

旦那さんにも協力してもらって、ぜひ夫婦で一緒にメッセージを書いてみてください。

きっと喜んでもらえますよ。

スポンサーリンク

父の日メッセージの文例で義父に向けたおすすめのものは?

それでは具体的にどんなメッセージを書けばいいのか、義父に向けた父の日のメッセージの文例をご紹介したいと思います。

・感謝を伝えるメッセージ

いつも私たちを支えてくださりありがとうございます。

気にかけてくださり、ありがとうございます。

おとうさんの優しさにいつも励まされています。

 

・よろしくの気持ちを伝えるメッセージ

これからもいろいろと教えてくださいね。

結婚したばかりですが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

・プレゼントに関するメッセージ

甘い物がお好きなので、私たちが最近気に入っているお菓子を選んでみました。

おとうさんに似合いそうなネクタイを選んでみました。気に入っていただけるとうれしいのですが^^

これらのメッセージを組み合わせて、いろいろアレンジしてみてくださいね。

 

例:

おとうさん、いつも私たち夫婦に優しく接してくださりありがとうございます。

同封のネクタイは、おとうさんに似合いそうなデザインを2人で選んでみました。

気に入っていただけるとうれしいです^^

これからもいろいろと教えていただくことが多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

まとめ

父の日のメッセージは気負わず送ることが大事だと思います。

長く続けて送ることで、毎年の父の日のメッセージを楽しみにしてもらえたら素敵ですね。

スポンサーリンク


Tags:

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です