マスクの中が臭い時の対策!マスクをした時だけ口臭が気になる場合

2016年2月29日 | By プレシャスナビ | Filed in: 健康その他.

375566
花粉症やインフルエンザ対策などでマスクをしている人も多いですよね。

でもちょっと気になるのがマスクの中のいや~な臭い。

普段は気にならないのに、マスクをしたときだけ自分の息が気になることってありませんか。

この臭いって自分の口臭ってこと?周りにも臭っている?

マスクの臭いを防ぐ対策ってどうしたらいい?

今回は、マスクの中が臭い時の原因と対策についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マスクをした時だけ気になる臭いは口臭?マスクの臭い?

マスクをした時の臭いが自分の息の本当の臭いなのかと不安になってしまいませんか。

マスクをした時に気になる臭いは、マスクが原因の場合と口臭が原因の場合とに分かれます。

最も多いのはマスクに唾液や口の中の細菌がついて繁殖し、マスク自体が臭くなってしまう場合です。

マスクの中の温度と湿度で雑菌が繁殖しやすくなるため、マスクの繊維と反応してマスク自体にいやな臭いがついてしまうのです。

一方、自分の口臭が原因の場合は、いくつかの原因が考えられます。

代表的な原因としては、ドライマウスがあげられます。

鼻づまりや咳の苦しさで口呼吸になることで唾液の分泌が減ってしまい、口の中の雑菌が繁殖して口臭の原因となるのです。

マスクをしていることで乾燥をあまり感じなくなりますが、意識してみると口が乾いているということもありますので注意しましょう。

また、歯周病や内臓疾患などによる口臭がある場合は、マスクをすることで臭いがこもって口臭が気になることがあります。

マスクをすることで口臭と病気に気づくこともあるのですね。

スポンサーリンク

マスクの中の臭いを防ぐ対策は?

086241

それでは実際にマスクの中の臭いを防ぐための対策についてご紹介します。

マスクについた雑菌の臭いが原因となっている場合は、マスクを頻繁に替えることが効果的です。

一日の中でも臭いが気になったら新しいマスクにすることがベストですが、そんなにマスクを使い捨てできない!という場合は、マスクの中にティッシュペーパーを挟んでおいて、そのティッシュを交換するのでもOKです。

蒸れが臭いの原因となりますので、なるべくマスクの中を清潔に保つようにしましょう。

またメーカーによってマスクが臭くなりやすい場合もあるようです。

すぐに臭くなってしまうようであれば、マスクのメーカーを変えてみるのもおすすめですよ。

マスクの中の臭いが自分の口臭からきている場合は、原因となる疾患を治療することが一番です。

口呼吸を意識してやめるようにする、ドライマウス対策として水分をこまめにとる、虫歯や歯周病、内臓の不調は病院を受診するなどです。

マスクをすることで口臭が強く感じられるのであれば、原因となる疾患をなるべく早く治療するようにしましょう。

終わりに

マスクの中のいやな臭いについてご紹介してきました。

自分で感じる臭いが、そのまま周囲にも口臭として感じられているとは限りませんが、マスクをしていても臭いはもれてしまいます。

あんな美人のマスクが臭いなんて…などと思われないように、マスクと息のにおいには十分注意しましょう。

スポンサーリンク


Tags: ,

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です