豆まきはマンションやアパートでも外にまく?高層マンションは?

2016年1月11日 | By プレシャスナビ | Filed in: 冬のイベント.

328603

節分の豆まき、外に思いっきり投げて鬼退治したいですよね。

でもマンションやアパートに住んでる場合、ベランダや窓から外に豆まきしてもいいの?

何階までだったら大丈夫?高層マンションはどうする?

今回は節分の豆まきで、マンションやアパートなどの集合住宅で、外に豆をまく時のやり方や注意点についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

節分の豆まきでマンションやアパートで外にまく時のやり方と注意点

マンションやアパートなどの集合住宅での豆まきは、お住まいの地域と近所付き合いによって、どの程度許されるか決まってくるものです。

一般的には、地方では迷惑にならない範囲で外に豆まきしてもOKなことが多く、都市部では外を含む共用部分への豆まきは控えた方がいいと言えます。

地方にお住まいで、周りに何もないようなゆったりとした環境であれば、外に向かって豆まきをしても問題になることはないでしょう。

ただ、住人の車にぶつかったり一階のお宅の迷惑になるような状況では、ベランダや窓から豆をまくことはやめるべきですので、状況をみて判断しましょう。

一方、都市部の集合住宅は、隣の家や駐車場と密接していることが多く、豆をまくと迷惑になってしまうような環境に建っていることがほとんどです。

豆まきでカラスやハトが増えてしまうことも、都市部ではクレームになりかねません。

隣近所との付き合いもあまりないことが多いため、ちょっとしたことで住民間のトラブルになるのが都市部のマンション、アパートの現状でもあります。

日頃から挨拶をしたり、町内の行事に協力するなど、ご近所さんとの関係をうまく築いておきつつ、豆まきは自分の部屋の中でひっそりやるのが無難だと言えます。

330015
それではマンションやアパートで外に豆まきする場合は、どのようなやり方でやったらいいのでしょうか。

ベランダや窓から豆を投げるのではなく、ベランダや玄関にそっと豆をまく程度にして、豆はすぐに片づけるようにしましょう。

袋に小分けにした豆を、ベランダや玄関の外に置くだけというやり方はいかがでしょうか。

掃除も簡単ですし、無駄にせず食べられるのでおすすですよ。

注意しなければならない点は、掃除をすぐにしっかりすること、車にぶつけたりよその敷地に入り込んだりしないようにすることです。

豆をまきっぱなしでは、踏まれてつぶれたり、他の住人が片づけることになったりと迷惑になってしまうかもしれません。

また、停めてある車に豆まきの豆がぶつかったり、子供がよそのお宅のスペースまで入って豆をまいてしまった、などのトラブルも後をたちません。

スポンサーリンク

都会ではもちろんですが、都市部以外でもマンションやアパートは集合住宅ですから、お互い迷惑にならないよう気をつけるようにしましょう。

外に豆まきするならマンションやアパートの何階までOK?高層マンションは?

296806

マンションやアパートから外に豆まきをする時のやり方と注意点をご紹介してきました。

できるだけ外に豆まきをしないほうがいいとは言っても、マンションの前が空き地だったり、高層階からだったら豆まきしてもいいんじゃないの?と考える人もいるでしょう。

それでは、何階までだったらマンション・アパートから豆をまいても大丈夫なのでしょうか。

残念ながら、よほど周りに何もない環境にお住まいの場合以外はマンション・アパートから豆を外にまくのは、何階からでも控えた方がいいでしょう。

ご説明した通り、下の階の迷惑になったり思わぬトラブルの原因になってしまう可能性があります。

30階以上あるような高層マンションでも同様です。

風で流されてよそのお宅の窓に当たったり、ベランダに落ちたりするかもしれません。

豆があたってけがをさせることはなくても、いろいろな人が住んでいる集合住宅である以上は、外にむかって豆をまくのは何階からでも控えた方がよさそうです。

最後にご自分が一階に住んでいる場合ですが、状況によりということになります。

道路に面しているなら、一階でもまき方には気をつけて掃除を忘れないようにしましょう。

終わりに

マンションやアパートで外に豆まきをすることについて、かなり慎重なスタンスでご紹介させていただきました。

もちろんこうしなければならない、というわけではありませんので、ご自分の環境に合わせて豆まきを楽しんでいただくのが一番です。

豆まきのような伝統行事が住民間のトラブルになるかもしれない、というのも寂しい話ですが、時代は変わっていくものです。

臨機応変に対応しながら、節分の風習や豆まきの伝統を受け継いでいけたらいいですね。

スポンサーリンク


Tags:

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です