寝起きの首の痛みの原因は?朝から頭痛肩こりがある場合の対処法

2015年10月5日 | By プレシャスナビ | Filed in: 健康その他.

166446

ぐっすり寝たはずなのに、
寝起きに首の痛みがひどいという症状はありませんか。

朝から起き上がれないほど首が痛かったり、
肩もバリバリに凝って頭痛までするなんて状態…

つらすぎますよね。

今回はそんなつら~い寝起きの首の痛みの原因や対処法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

寝起きに首が痛い原因は枕にあった?

朝起きた時に首が痛いというのは本当につらいものです。
寝ることで余計疲れるなんて悲しいですよね…

寝違えは別として、
寝起きの首痛が毎日のように続くという場合は、
もしかしたら枕が体にあっていないことが原因かもしれません。

人間は寝ている間に一晩で平均20回以上の寝返りをうっています。

寝返りには、日中に生じた体の歪みを調整したり、
血液やリンパの流れをよくして体をリセットするという
重要な効果があります。

つまり

寝返りを楽にできるような枕
自分にあった枕ということになります。

 

具体的にどういう枕を選べばいいのでしょうか。

・バスタオルをたたんだり重ねたりして自作する。
・高級オーダーメイド枕を使う。
・そもそも枕を使わないほうがいい。

などなど、

枕に関してはいろいろな情報がありますよね。

 

バスタオル枕でも市販の枕でも、
よい枕のポイントは二つです。

スポンサードリンク

・立っている時と同じ姿勢で寝られること。
・横向きで寝た時に、顔の中心線と胸の中心がまっすぐになること。

 

このベストな高さになるように
枕の高さを調節してみてください。

寝起きの首の痛みがかなりよくなってくるはずです。

寝起きに首が痛いのは寝る姿勢に原因が?

寝起きの首の痛みのもう1つの原因は、
寝る姿勢に関係があります。

寝る時に横向きで寝るという人も
多いのではないでしょうか。

横向きで寝ると、肩関節に負担がかかり
首の筋肉が引っ張られて固まってしまいます。

寝起きに首が痛い場合は
仰向けに寝ることで解消されることも多いです。

横向きでしか寝られないという人は
体が歪んでいる証拠なのだそうです。

普段から体のバランスを整えたり
姿勢を正しく保つようにして

体をリセットできるような質のいい睡眠をとりたいものですね。

寝起きの首の痛みはストレスが原因?

寝起きに首の痛みがある場合
枕や寝る姿勢以外に
ストレスや慢性疲労が原因になっていることもあります。

朝から首の痛みや疲労感を感じるなら
睡眠ではリセットできないほどの
ストレスや疲れがたまっている可能性があります。

あまりにも症状がつらいようでしたら

早めに休みをとったり
病院へ行ったりして

体と心をしっかり休めることが必要なのかもしれません。

まとめ

寝起きの首の痛みの原因と対処法についてご紹介してきました。

管理人も慢性的な首の痛みと肩こり・頭痛があり
朝からゴリゴリに凝っていることもしばしば…

すっきりと軽い体で一日をスタートできるよう
日頃から体調管理には気をつけたいものだと
改めて感じました^^

スポンサードリンク


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です