赤ちゃんのくしゃみ鼻水は花粉症?風邪?何科で受診する?

2017年2月15日 | By プレシャスナビ | Filed in: 子育て, 花粉症.


赤ちゃんのくしゃみや鼻水がひどい時、春先だともしかして花粉症では?と心配になってしまいませんか。

赤ちゃんでも花粉症になるの?

赤ちゃんの花粉症と風邪の違いってわかるの?

病院は何科に行ったらいい?

今回は赤ちゃんのくしゃみ鼻水と花粉症についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのくしゃみ鼻水は花粉症の場合もある?

1歳未満の赤ちゃんの場合、くしゃみや鼻水がひどくても花粉症の可能性はほぼありません。

遺伝等でアレルギー体質だとしても、花粉症になるまでにはある程度の時間がかかるからです。

花粉症が発症するメカニズムを簡単に説明しますね。

異物である花粉が体内に入ることで、体は防御システムを働かせて「IgE抗体」と呼ばれる抗体を作り出します。

「IgE抗体」が作られやすい体質がいわゆる「アレルギー体質」で、花粉症を始めとするいろいろなアレルギーやアトピーを発症しやすい体質だということです。

アレルギー体質でアレルゲン(アレルギーの原因)となる花粉に触れるにつれて、IgE抗体が体内に蓄積していき一定の水準を超えると…花粉症の発症となるわけです。

環境や体質によっては絶対ないとは言いきれませが、IgE抗体が蓄積されるまでにはどんなに早くても2年くらいはかかるため、1歳未満の赤ちゃんが花粉症になる可能性はとても低いのです。

ただし、花粉以外にもアレルギーの原因はたくさんあり、アレルゲンによっては月齢の低いうちからアレルギー症状が出ることもあります。

もし赤ちゃんのくしゃみや鼻水がひどい場合は、風邪か花粉症以外のアレルギーだと考えられるでしょう。

赤ちゃんが花粉症か風邪か心配な時は?

赤ちゃんのくしゃみや鼻水がひどい場合、他に症状がないとやっぱり花粉症なんじゃないかな?風邪なのかな?と心配になりますよね。

どちらにせよ、まずは病院に連れて行って診察を受けることをおすすめします。

赤ちゃんのくしゃみ鼻水が風邪なのか花粉症なのか、自宅で判断することはむずかしいものです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの花粉症はまれですが、アレルギーが気になるならアレルギー検査を受けることもできますし、ただの風邪なら早めに対処してひどくならないようにすればいいのです。

鼻、くしゃみ以外に症状がない風邪もありますし、花粉症の鼻水はサラサラで風邪はドロドロの鼻汁などとよく聞きますが、一概にそうとは言えません。

早めに受診して赤ちゃんのつらい症状を緩和できるよう対応してあげましょう。

補足になりますが、アレルギー検査は低月齢でも受けることはできますが、あまり早くに受けても正確な結果を得られないことがあります。

小さい赤ちゃんに検査が負担になってしまうこともありますので、いつ検査を受けるかはお医者さんと相談して決めていくことをおすすめします。

赤ちゃんが花粉症かは何科で受診すればいい?

赤ちゃんのくしゃみや鼻水の症状がひどく花粉症が心配な時には、耳鼻科で受診することがおすすめです。

もちろんかかりつけの小児科でもいいのですが、鼻、喉の症状が中心の時には耳鼻科の方がよく診てもらえますし、鼻の吸引や吸入をしてもらえるので赤ちゃんでも耳鼻科でOKです。

熱やお腹の症状がある時などは小児科、鼻やのど、咳の症状の時には耳鼻科と使い分けるといいですね。

鼻を吸ってもらうと赤ちゃんもすっきりしますし、専門医なので風邪なのか花粉症などのアレルギーなのか判断してもらえます。

小児科とあわせて耳鼻科のかかりつけ医も見つけておくと安心ですよ。

まとめ

赤ちゃんの花粉症はないと言われても、鼻の症状しかないと花粉症じゃないかと気になってしまいますよね。

うちの子供たちもアレルギー体質で風邪もよくひきましたので、赤ちゃんの頃からしょっちゅう鼻を垂らしたり咳をしたりしていました。

その頃から花粉症だったわけではないと思いますが、風邪にしろアレルギーにしろ鼻が出ると咳も出るので、いつも耳鼻科にお世話になって吸引してもらっていました。

ちなみに花粉症を発症したのは4歳頃でしょうか。

小さいころはくしゃみ鼻水の原因を特定するのもむずかしいですが、診察を受けて症状を緩和したり、子供の体質を把握して普段から対処したりすることはできます。

心配なことは病院や周りの人に相談しながら、赤ちゃんが元気に成長していくのを楽しんでいけるといいですね。

スポンサーリンク


Tags: ,

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です